飲み物でむくみをとる方法~余分な水分の排出を促そう

むくみサプリ

むくみは血行不良やリンパの流れの低下、そして老廃物や余分な水分が体内に滞ることで起こります。

すっきりとむくみをとるには、余分な水分や老廃物を体の外へとスムーズに排出することが要。
血行促進や冷え解消も、むくみ解消につながります。

むくみをとる方法として、マッサージやツボ押しなども効果がありますが、この記事では「飲み物でむくみをとる方法」について紹介したいと思います。

飲み物でむくみをとる方法1:お茶

むくみをとる方法として活躍する飲み物の一番手は「お茶」です。
ひとえにお茶と言ってしまうとあまりにも種類が多いので、ここではいくつかピックアップして紹介していきます。

①緑茶

緑茶には、ビタミン類が豊富で余分な水分の排出を促すプリフェノールの一種である「カテキン」も豊富に含まれています。
注意点としては、カフェインが含まれいているという点。
カフェインも利尿作用を促す効果があるのですが、摂取しすぎると腎臓に体内の血液を集中させてしまうといわれており、冷えの原因にもなります。

また、妊娠中、生理中の女性は避けた方がよいとされていますので、大量に飲むのはおすすめできません。
しかしながら、過剰摂取しなければ深刻な副作用が起こることもないため、生活のなかで食事などと一緒に摂りいれるとよいでしょう。

②ルイボスティー

このところ人気が高まっているルイボスティーは、美容効果、ダイエット効果に注目が集まっていますが、むくみをとる効果も期待できます。

ルイボスティーには、余分な水分排出を促すカリウムをはじめとして、マグネシウムも含まれています。
マグネシウムは、腸のぜんどう運動を促す作用があり、腸内に溜まった老廃物を排出する効果もあります。

その上、血行促進に有効なポリフェノールも含まれ、冷えの解消効果も期待できます。
冷えによるむくみに悩んでいる方におすすめしたいお茶のひとつです。

③烏龍茶

烏龍茶は利尿作用がとても高いお茶のひとつです。
烏龍茶はカフェインが多く含まれており、余分な水分や老廃物を尿と一緒に排出するサポートに効果があります。

また緑茶と同様のポリフェノールを含み、「むくみをとる」という点では高い効果が期待できます。
しかしながら、烏龍茶の飲みすぎは体にとって必要な水分やミネラルまでをも排出してしまうことがあるため、摂取量には注意が必要です。

烏龍茶は習慣的に飲む飲み物というよりも、食事に合わせてアクセントとして用いるのがいいかもしれません。

④コーン茶(とうもろこし茶)

ほんのり香ばしく甘味を感じるコーン茶は、トウモロコシの実を乾燥させて作られたお茶です。
食物繊維をはじめとして、鉄分、各種ビタミン類を豊富に含み、カリウムも摂取することができます。

カリウムで余分な水分を排出しつつ、豊富な食物繊維で腸内の環境を整えるという効果にも期待が持てます。

⑤ドクダミ茶

ドクダミ茶に含まれるポリフェノールの一種、クエルシトリンは高い抗酸化作用をもち、腎臓や膀胱など尿にかかわる臓器の働きを高めるといわれています。

ドクダミ茶にもカリウムが含まれ、ミネラルも豊富。
平安時代から「十薬」と呼ばれ、効能が豊富であるとされてきたドクダミ茶は、むくみをとる効果にも優れているのです。

⑥ハトムギ茶

美肌効果が高いとされるハトムギ茶には、ヨクイニンやカルシウム、たんぱく質、鉄分、ビタミンB群などが豊富に含まれ、カリウムも摂取することができます。

イボの治療にも用いられるヨクイニンは、体内の水分のバランスを整える作用があるといわれており、むくみ解消の漢方薬としても親しまれてきました。
またハトムギ茶に含まれるたんぱく質は血中の水分量を調整する効果があり、体の余分な水分排出効果に優れています。

⑦黒豆茶

ポリフェノールが豊富な黒豆から作られる黒豆茶は、血流を促し、ホルモンバランスを正常に導く効果もあると言われています。
そのため生理やPMSによる女性ならではのむくみ解消にもとても高い効果が期待できます。

黒豆茶は他にも体の代謝をUPして痩せやすくなるダイエット効果にも注目が集まっていますが、これは余分な体内の水分をスムーズに促す効果が高いことからも人気があると言えます。

⑧たんぽぽ茶

たんぽぽ茶は、妊活、妊娠中の女性にも人気の高いお茶です。
豊富な各種のビタミン類、鉄分、カルシウムなとのミネラルも豊富なので、むくみをとる効果にも期待が持てます。

そして、たんぽぽ茶には悪玉コレステロールを抑制したり、血管を健やかにして血流を促す効果もあります。
たんぽぽ茶にもホルモンバランスを整える効果もあるので、こちらも整理やPMSに関わるむくみ解消にも高い効果が期待できます。

飲み物でむくみをとる方法2:トマトジュース

リコピン豊富で医者が毎日食べたい野菜ランキングでも上位だとされるトマト。
そんなトマトから作られたトマトジュースにも、むくみをとる効果が期待できます。

リコピンには、ビタミンEの100倍もの抗酸化作用があるといわれており、血管を健やかに保つことで血流を促し、むくみ解消をも促します。

トマトには、カリウムも豊富で余分な水分排出にも効果的、そして美肌効果や免疫力UPにもつながるビタミンCも豊富なので積極的に摂ってほしい飲み物のひとつと言えます。

飲み物でむくみをとる方法3:豆乳

大豆はとてもポリフェノールが豊富です。
そのため豆乳も、ポリフェノール、食物繊維が豊富に含まれ健康にもとても良い飲み物として知られています。

豆乳は、カリウムに加え大豆サポニンも含まれることで利尿作用が高く、女性ホルモン様の働きがあるとされる大豆イソフラボンによって女性ホルモンも整うので、女性のむくみをとる飲み物としては高い効果が期待できます。

更に、大豆たんぱくによって代謝機能も高まるので、滞った余分な水分排出、むくみの解消を促すのに最適なのです。

むくみをとる効果的な飲み方としては、無調整豆乳を選び温めて飲む、ということ。
豆乳は、むくみに悩む女性には常備しておいてほしい飲み物の代表格です。

飲み物でむくみをとる方法4:生姜ココア

冷え改善といえば生姜というように、生姜には体を中から温める効果があります。
生姜によって冷えが改善、発汗、尿の排出を促すことでむくみ解消に期待ができます。

生姜は独特のクセもあるため、飲み物としてはちょっと・・・という人には生姜ココアがおすすめです。
ココアは食物繊維やポリフェノールが豊富で、代謝UPや内臓機能の働きを良くする効果が期待できます。

ココアに生姜を入れれば、芯から体が温まり血流も良くなります。
生姜ココアは他にも、腸内環境の正常化やお腹回りのダイエット効果、冷え症の改善に効果が期待できます。

飲み物でむくみをとる方法5:白湯

いろいろな飲み物を準備するのが面倒、という人は白湯を飲むようにしてみてください。
白湯も代謝UPの効果や、冷え改善を促す効果が期待できます。

胃腸に馴染みく、負担にならないのも嬉しいところです。

なにより、レンジやポットで手軽に手に取ることができるので、忙しい方にもおすすめですね。
アレンジするなら、生姜を少し入れると尚、むくみをとる効果が高まります。

飲み物でむくみをとる方法まとめ

むくみをとる効果のある飲み物について、ポイントはカリウムやポリフェノール、ビタミンが豊富であることが挙げられます。
日々、仕事の合間や家事の合間、ちょっとした休憩タイムに「お茶をする」機会は多いと思います。

むくみをとる効果のある飲み物の中から、自分の好みや体調に合った飲み物を選んで意識的に飲むようにしてみましょう。

コーヒーばかり飲んでしまう、という人はカフェインが過剰で冷えを引き起こしている可能性大。
たまにはお茶や豆乳、生姜ココア、といったようにバリエーションを持つようにしてみてください。

とくに、座りっぱなしのことの多いデスクワークの人は、意識的に水分摂取をしないと血流が悪くなるため余計にむくみやすくなるので要注意です。

こまめに水分摂取をして、飲み物によって水分の滞りを改善できるように心がけましょう。
日頃飲む飲み物ひとつで、日々のむくみが解消できる可能性は大いにあります。

寒い季節は特に、なるべく暖かい飲み物を摂るようにするなど、体を冷やさない工夫も忘れないようにしましょう。