むくみと冷え性の関係~寒い季節の「冷えむくみ解消法」

冷えむくみ解消

足の指先はキーンと冷え、靴下を重ね履きしても、お風呂に浸かってもなかなか体があたたまらない・・・
夕方になれば靴やブーツがむくみでキツくなってしまう・・・
寒い季節は、むくみが悪化して嘆く人が増えていきます。

寒い時期になればなるほど、その「冷え」は深刻になり「むくみ」も酷くなっていくもの。

冷え症だと自覚のある人なら、同時に「むくみ」にも悩まされているのではないでしょうか?

むくみと冷え症の関係

むくみの原因は、余分な水分が体内に滞ることですが、この余分な水分を排出するために必要なのが、スムーズな血流やリンパの流れ、つまり「からだのめぐり」をよくすることです。

足のむくみをとる方法

寒い季節や体に冷えを感じると、体の血行は悪くなり「めぐり」も悪くなるので、むくみやすくなります。

女性に多くみられるむくみの症状ですが、近年は寒い季節に冷えやむくみを訴える男性も増えているといわれています。

冷えとむくみを引き起こす大きな原因は、血行やリンパの流れが悪くなること以外にも存在します。

例えば、

・塩分や糖分の摂りすぎ
・運動不足

これらも寒い季節の冷え、むくみを引き起こす大きな原因となっています。

さらに、現代人は男性、女性ともに冬場でも薄着傾向が強く、体が冷えることで血行が悪くなり、男性でもむくみを感じる人が増えているのです。

女性の場合は、冷えを解消するために重ね履きした靴下やタイツ、ブーツなどで足を圧迫するケースが多く、冷え症対策が「むくみの原因」になってしまっていることもあります。

冬は、年間を通しても一番むくみやすい季節です。
気温が下がるので、運動不足になりがちで血行が悪くなり、さらに冷えを起こす。
そのため、むくみが起こり倦怠感を感じるため、ますます動かなくなる、そして更にむくみを引き起こす、という「冷えとむくみ」のスパイラルに陥ってしまいがちだからです。

冷えを自覚しながらむくみも感じている人の多くは、ふくらはぎや足首にむくみを感じることが多いようです。

そして、冷え症だからむくんでいるケースとむくんでいるから冷えてしまっているッケース、両方の可能性があることも知っておきましょう。

冷えとむくみは相互に関係しているので、きちんと解消しておくことが重要。
適切なケアをして、しっかりと「冷えとむくみ」を取り去っていきましょう。

冷えによっておこるむくみ

体が冷えてしまうと、血行も悪くなりリンパの流れも滞ってきます。
体全体のめぐりが悪化することで、むくみを引き起こす原因に。

からだのめぐりが悪くなると、どんどん体内に余分な水分も溜めこむようになっていきます。
冷え症の人がむくみを起こしているのは、この繰り返しによるものなのです。

即効むくみ解消

むくみによっておこる冷え

むくんでいることによっても、冷えてしまうことがあります。
むくみを起こすことでも、血行もリンパの流れも阻害されるので、体のめぐりは悪くなっていきます。

めぐりが悪くなれば、体は更に冷えていくので、こうなってしまうと冷える→むくむ→冷える→むくむ、の連鎖が止まらなくなってしまうのです。

冷えむくみを起こさないための注意点

冷えとむくみが併発すると、とても怠くなるのが特徴です。
特に女性は生理前などこの状況に陥りやすくなりますので、早めにケアをしていきましょう。

1.体を温める

外出時には、きちんとインナーも着用し、しっかり防寒するようにしましょう。
腰にカイロを貼るなど、部位的に温めるのも効果的です。

最近ではヒートテックのインナーも充実していますので、活用するといいでしょう。
いずれも、あまり締め付けのない衣類を選ぶことも大事なポイント。

過度に圧迫してしまうと、更にむくみの原因にもつながってしまうので気を付けましょう。

室内でも、エアコンだけに頼らずにきちんとインナーを着用し、足元から冷やさないように注意しましょう。

そして積極的にあたたかい飲み物を飲んだり、生姜や根菜類を意識して摂取するようにしていきましょう。

また、スイーツ好きな方は砂糖にも注意してください。
砂糖の過剰摂取は塩分同様むくみの原因になります。
特に白い砂糖は体自体を冷やしてしまう傾向があるので、避けた方がいいでしょう。

2.日々の「適度な運動」を心がける

筋肉は体を動かすためだけのものではありません。
筋肉が衰えてしまうと、体の中の血液やリンパ液、そして老廃物などを送り出す機能も低下してしまいます。

とくにふくらはぎの筋肉は、第二の心臓とも言われるほど重要なポンプの役割を担っています。

むくみが気になる方は、日々適度な運動をこころがけ筋力UPを目指すことも効果的です。

また、適度な運動やストレッチは、むくみ解消にもつながりますので、日ごろから取りいれていくようにしてください。

3.余分な水分排出を促す

むくみを解消するためには、体内に滞った余分な水分を排出しなければなりません。
以下の記事でも飲み物や食べ物など、むくみ解消に効果的なものをまとめていますので、チェックしてみてください。

4.冷えむくみ解消に効果的な入浴法

冷え症の人にとって、冬場の湯船は最高ですよね。
中には、あまりにも体が冷え切ってしまっていて、湯船に浸かるのも一苦労という方もいるかもしれません。

その場合には、お風呂へ向かう前に洗面器で足湯をするのがおすすめです。
冷え症の方は足先が極端に冷えていることも多いので、まずは冷え切った足先だけを温めるイメージで行いましょう。

むくみに効く成分

 

足湯をすると、少しずつ体の体温も上昇して血液の流れもよくなっていきますので、タイミングをみて湯船に移動してください。

体が温まってくると、血行は良くなっていきますが、湯船の中にじっとしているだけで、リンパの流れもスムーズにすることはできません。

リンパ液は筋肉の収縮により起こるため、湯船の中でマッサージするなど、筋肉に圧をかけることが重要です。

5.寝るときは靴下を脱ぐ

冷え症の方に見られるのが、足が冷えて眠れないので靴下を履いたまま寝ています、という方。

確かに靴下を履いていることで、足が冷えないような感覚にはなりますが、実際には血行を妨げる行為でしかありません。
とくに足首などにぴったりくる靴下の場合には、必ず脱いで寝るようにしましょう。

そして、足も寝ている間に沢山の汗をかくので、靴下を履いたまま寝ると汗により体温がさらに奪われて冷えを引き起こすので要注意です。

6.股関節をやわらかくしよう

股関節がかたい方も、冷えむくみに悩む傾向が強いそうです。
股関節には、とても太いリンパが通っており、上半身と下半身をつなぐ太い血管も繋がっています。

そのため、股関節がかたくなると血行もリンパの流れも滞り、体が冷えむくみを起こしやすくなります。

開脚して座ってみるなど、自分の体に合わせたストレッチなどを取り入れてみましょう。

7.水分摂取の調節

むくみやすい方の中には、「むくむからあまり水分を摂らない」という方がいると思います。

もちろん過剰に水分をとればむくんでしまうこともありますが、実際には水分が足りなくてもむくんでしまうことを知っておいてください。

体内の水分が足りなくなれば、血流もリンパの流れも滞るので、老廃物まで溜まっていきます。
水分不足によるむくみは、顔に現れることが多いので注意してみてください。

むくみをとる方法 飲み物

8.アルコールを控える

アルコールの摂りすぎもむくみの原因になります。
アルコールが体内に入ると、体はアルコールを分解しようと沢山の水分を必要とします。

そのため、お酒を飲むとトイレが近くなるのです。
また、アルコールを摂取すると血管拡張もおこるので、体に余分な水分が流れ出やすくもなってしまいます。

アルコールを飲む前には、あらかじめお水を飲んでおくようにしましょう。
また、グラスのお酒をガブ飲みせずに、少しずつ飲むことも大切です。

9.睡眠はしっかり

睡眠不足もむくみやすくなる原因になります。
最低でも6~7時間は眠る様にしましょう。

また、入浴後に湯冷めしないようにしておくことも肝心です。

夜は、眠る時間を考えてお風呂に入るようにしましょう。
体が冷え切らないうちに布団に入れるのが理想的です。

冷えむくみ解消法 まとめ

冷えとむくみはいわばセットのようなもの。
冬に限らず、悩まされる女性は少なくありません。

まずは、日常生活の習慣から見直していくのが肝心です。
できることから改善して、しっかりとその日のうちに冷えむくみを解消できるようにしましょう。

冷えはとにかく解消すること、手で触れて冷たい、と感じる部分がないように「温活」していくことを心がけましょう。