ふくらはぎのむくみをとる方法

むくみに悩まされる女性は多いものですが、特に脚、とりわけ「ふくらはぎ」はむくみやすい部位です。
朝はすっきりしていたのに、夕方になったらパンパンに!

なんてこともあるでしょう。

なぜ、ふくらはぎがむくんでしまうのか、この記事ではむくみの原因とふくらはぎのむくみを取る方法についてまとめていきます。

むくみのメカニズム

よく、人間の体は6割から7割は水でできている、なんて耳にしますよね。
私たちの体の中の水のうち、およそ2/3は細胞内にあります。

水

残りは、細胞外にあり血液や細胞間液と呼ばれるもので構成されています。
細胞間液は、私たちの体を循環しながら栄養素や酸素を体の隅々まで送り届けています。

また細胞間液は、老廃物も除去しながら血液とともに心臓へと戻り、また体の隅々へと送り出されます

私たちの体のむくみは、主にこの細胞間液が血液とともに心臓戻るメカニズムがスムーズにいかないことで起こります。
血液循環が悪かったり、体内に余分な水分を溜め込んでしまうことで、ふくらはぎもむくみを起こしています。

「ふくらはぎ」はむくみやすい

脚全体やふくらはぎのむくみに悩まされる人の多くは、デスクワークや立ち仕事など、長時間同じ姿勢で過ごすことが多いです。

そもそも細胞外液は全身を巡っていますが、重力の関係からどうしても下の方に溜まりやすくなります。

脚は体の下にあるわけですから、脚やふくらはぎがむくみやすいのも納得ですね。

下半身へと流れていった細胞外液を、血液とともに心臓へ戻すのには、ふくらはぎの筋肉が必要不可欠です。

ふくらはぎの筋肉は第二の心臓と呼ばれるほと大きく、ポンプのような役割を果たしています。
下半身に滞りがちな体内の水分をしっかりと循環させるためには、ふくらはぎの筋肉の働きがとても重要なのです。

そのため、ふくらはぎの筋力が低下したり、ポンプ機能が上手く働かないと、脚はどんどんむくむことに。

ふくらはぎがむくみでパンパンに!
なんてことにもなってしまうのです。

脚全体のむくみを取るには「ふくらはぎ」の筋肉がカギ

デスクワークや立ち仕事でなくても、夕方になると脚がむくんで靴までキツイ、ということはあると思います。

長時間同じ姿勢でいること、ふくらはぎの筋肉をほとんど使用しない状態が続くことで、大事なポンプ機能も低下します。
ふくらはぎのむくみだけでなく、脚全体のむくみをとる方法としてもふくらはぎの筋肉の活性化は重要です。

日ごろからマッサージしたり、意識的にふくらはぎの筋肉を動かすようにしていきましょう。

男性が女性よりもむくみにくいのは、筋肉量が多いためといわれています。
同じ女性でも、適度な筋肉がついている人のほうがむくみにくいものです。

健康のためにも、ある程度の筋肉量は維持しておくようにしましょう。

簡単にできるふくらはぎのケア

仕事中でもさらっとできるふくらはぎのケア方法を紹介します。
デスクの下でもこっそりできますし、状況的に難しい人は休憩を踏まえてトイレにたつ度に意識してみてください。

イスがある場合
イスに座ったら足を床と水平に上げます。
その状態を保ったまま、脚の指をグーパーします。

最後に、ふくらはぎの筋肉を意識しながら両足首を回します。

トイレでこっそりふくらはぎのケア

トイレにたったら、便座に座ってイスがある場合のケアをするのもおすすめ。
ゆっくりと座っている時間がないなら、屈伸をするのも効果的です。

ポイントは常にふくらはぎの筋肉を意識すること。
ふくらはぎの筋肉が動くことで、ポンプ機能も活性化するので、下半身の循環がよくなります。

また、ふくらはぎのむくみを取るには、脚全体の血行促進がとても有効です。
鼠径部を圧迫して離す、股関節を開脚して広げる、足の甲を指先に向かってさする、太ももをヒザ上から足の付け根にむかってさする、なども効果的です。

そして、有名なのはゴキブリ体操。
あおむけに寝転がれる状況のときは、両手両足を天井にまっすぐに向け、バタバタさせましょう。
少しやっただけでも、手足の巡りがよくなるのを感じられるかと思います。

また日中は、仕事しているので、これらのケアが何もできないという場合には着圧ストッキングやタイツを活用するのもおすすめです。

動かすことができないふくらはぎの筋肉を圧迫することで、停滞してしまうふくらはぎのポンプ機能を補うことができます。

むくみ解消のための食事

私たちの体は食べたものと密接な関係にあります。
つまり、むくみを取るために有効な成分もあるわけです。

むくみを取るのに効果的なのは、カリウム。
キュウリやアボカドに多く含まれれるカリウムは、ミネラルの一種です。

むくみは、体内の循環の悪さだけでなく、塩分過多によっても引き起こされます。

カリウムは体内の余分な塩分排出を促す働きをもっているため、むくみが気になる人には積極的に摂取してほしい成分です。
しかし、現代人は塩分過多の傾向にあり、食事だけで十分なカリウムを補うことは難しいといわれています。

もともとカリウムは、食材を茹でたりすると水に流れ出てしまう性質を持っているので、調理した料理からは十分な量を摂取することができません。

食事で補えないカリウムは、サプリメントで補うのがおすすめです。

カリウムサプリメントとは

サプリメントと聞くと、抵抗があるという人もいるでしょう。
しかし、カリウムは私たちの体内にも存在するミネラルの一種。

むくみ解消サプリ

サプリメントで摂取することでも、副作用の心配はほとんどなく、取りすぎても尿と一緒に排出されるため、心配がいりません。

腎臓疾患や、その他の持病を持っている方は主治医にきちんと相談をしてから飲むことが必要ですが、一般的に健康な人であれば安心して飲むことのできるサプリメントのひとつといえるでしょう。

おすすめカリウムサプリメント

カリウムサプリは、むくみサプリとも呼ばれたりすることがあります。
そのため、当サイトでおすすめしているカリウム配合のサプリも、むくみを摂ることを目的として製造されているものばかりです。

カリウムで、余分な塩分排出を促し、むくみを取りながら、体内の余分な水分もきちんと排出できるよう、サポートしてくれる成分が凝縮されています。

するるのおめぐ実

するるのおめぐ実は、筆者も長年愛用しているむくみサプリです。
体調やむくみの状態に合わせて2粒飲んだり、4粒飲んだりと調整しています。

飲んでしばらくたつと、自然に訪れる尿意。
トイレを繰り返すうちに、手足がすっきりしてくるのを感じています。

何十回もトイレにいくようになるわけではないので、ご安心を。

顔のむくみをとる方法

生理前やお酒を飲んだ翌日には、ありがたみも倍増!
顔もすっきり、体全身の倦怠感も抜けていく感じがします。

もちろん、ふくらはぎのケアや食生活も気にしつつ、ですが、するるのおめぐ実はむくみやすい私の必須アイテムです。

ふくらはぎのむくみを取るなら湯舟に浸かろう!

一人暮らしでいつもお風呂はシャワー。
そんな人は、一度入浴を見直してみましょう。

むくみを取るのに入浴は効果的。
ぬるめのお湯に15分から20分はゆったりと浸かるように意識しましょう。

お風呂

お風呂は入っているだけで、水圧による圧がかかること、血行がよくなること、とむくみ解消に効果的な嬉しいメリットがたくさんあります。
そして、スムーズな巡りを目指すのなら、必ず入浴前にコップ一杯の水分補給を。

ジュースやカフェイン入りのコーヒーやお茶ではなく、常温の水か白湯がおすすめです。
むくみを気にして水分をあまり摂らないという人がいますが、水分不足は余計にむくみを引き起こすので気を付けましょう。

冷えもむくみの原因のひとつ。
冷えは体の巡りも妨げるため、入浴はとても重要です。

冷えむくみ解消

冷えとむくみは、魔のスパイラルに陥ってしまうので特に注意しておきましょう。

むくみ体質は生活習慣も見直すべき

むくみは体の巡りの悪さや冷え、塩分過多だけが原因ではありません。
ふくらはぎの筋肉がたとえしっかりしていても、乱れた生活習慣は、おのずとむくみを引き起こしてしまいます

健康の基本である良質な睡眠もしかり。
しっかりと眠ることは、むくみにくい体質づくりにもつながります。

また、塩分過多だけを意識していてもダメ。
実は白い砂糖を多く摂る人もむくみやすいといわれています。

そしてお酒。

お酒で浮腫む

アルコールは利尿作用があるものの、大切なカリウムをたくさん消費してしまいます。

飲みすぎた次の日にむくみが起きやすいのは、アルコールを分解するためにたくさんのカリウムが消費されること、おつまみで塩分過多になりがちなことが原因です。

むくみを取る方法の第一も、やはり規則正しい生活習慣なのです。

下肢静脈瘤の心配も

ふくはらぎのむくみが酷い場合、下肢静脈瘤という病気が疑われるケースも。
脚の静脈には、血液が逆流しないように「弁」が存在していますが、これがうまく働かなくなることで、ふくらはぎあたりで血液が逆流し、血管がふくれあがってしまうのです。

目でみても、血管が膨れているのはわかるため、脚の倦怠感も同時に感じることが多いです。

血管が膨れ上がっているのに気づいたら、すぐに受診するようにしましょう。

ふくらはぎのむくみを取る方法 まとめ

ふくらはぎのむくみは、脚全体の血行を促し巡りをよくすることが基本です。

むくみのメカニズムを踏まえ、血行を良くし、ふくらはぎの筋肉を意識的に動かすことを習慣づけましょう。

浮腫み サプリメント 人気

普段より多めに歩くように心がけることも必要です。

ふくらはぎのむくみを取る方法を実践することは、健康維持にもつながりますので、普段からしっかりとケアしていくことをおすすめします。