むくみの原因と水の関係

水

むくみの原因は水分の摂りすぎ、そう思い込んでいませんか?

特に夕方に足のむくみ、朝の顔のむくみに悩まされる人は多いもの。
そして、むくみたくないからとあまり水分を摂らない、という人も少なくありません。

足のむくみをとる方法

実はこれが大間違い。
むくみの原因についての勘違いで悪化させないためにも、正しいむくみのメカニズムを知っておきましょう。

浮腫みの原因は水分不足!

むくみは水分の摂りすぎだけでなく、水分不足によってもおこります
私たちの体は、水分が足りないと感じたら必死に水分を体内に溜め込もうとするんです。

むくみを予防するためには、ある程度水分を摂って、しっかりと体のめぐりを促すことが重要。

1日に必要な水分量は、体重50キロの人で1.5リットル程度。
体重に30mlをかけた量が、目安です。

むくみをとる方法 飲み物

もちろん、水分補給を念頭においたら糖分の多いジュースや、カフェインの含まれたコーヒーやお茶ではなく、常温の水を飲むのが最もおすすめ。カフェインには利尿作用がありますから、純粋な水分補給にはむいていないのです。

こう考えると、十分な水分補給をするのって意外と難しいのがわかりますよね?

長時間の同じ姿勢もむくみの原因

立ち仕事、移動の多い営業職、デスクワーク。
これらの人も、むくみに悩まされることが多いでしょう。

トイレになかなか行けないから、とか
むくんでしまうから、
と考え、意識的に水分をあまりとらないようにしているという人も少なくはないはずです。

 

どんな職についている人でも、1時間に1回はトイレへ向かう、ということを習慣づけましょう。
特に座りっぱなしになりがちなデスクワークの人には実行してほしいことです。

デスクワークの場合

重要なのは実際にトイレで用を足すということではなく、「座りっぱなし」から立ち上がり、ふくらはぎの筋肉を動かすことです。

ふくらはぎの筋肉は、第二の心臓と言われるほど大きく、下半身に流れた血液をふたたび心臓まで戻すポンプの役割を担っています。

長時間座っているとふくらはぎのポンプ機能も停滞してしまうので、立ち上がる、トイレまで歩く、というその行動だけでも、むくみ解消の糸口になるのです。

忙しすぎてなかなかトイレに行くことができない、という場合は足首回しをしたり、ふくらはぎを手でもむなどするだけでも違ってきます。

立ち仕事、移動の多い営業職などの場合

立ちっぱなしも歩きっぱなしも、ふくらはぎをフルに活用しているように感じますが、むくんでしまうのはなぜなのでしょうか?

実は筋肉は同じ部分ばかり使われると、凝り固まり、リンパの流れが悪くなるという特徴があります。

立ち仕事の場合には、体の重心を踵に集めるように意識するようにしましょう。
また、歩く機会の多い人は、足の付け根から足を動かして歩くのを意識しながら、軽やかな足取りで歩いたほうが、足への負担がかかりません

浮腫み サプリメント 人気

ドシドシ、と踏みしめて歩くのはやめましょう。

根本的に、よい姿勢で立っていたり歩いていれば、足の筋肉も均等に使われて、過度のむくみに悩まされることはなくなります。

ふくらはぎに負担を感じたら、合間をみてもみほぐす習慣づけも必要です。
ただし、すでにむくみを起こしている場合には、ふくらはぎマッサージよりもヒザ裏を指圧してリンパを流したほうが効果的。

昔ながらの体育座り、ヒザを立てて座ってヒザ裏を指で20秒から30秒押すだけ
気持ちがいいと思うくらいの強さで押すのがポイントです。

水の滞りが原因でむくむことも

この記事では、水分不足によってもむくみが起こることを書いてきましたが、体内の水が滞ることで、「水滞(すいたい)」という状態に陥ることもあります。

体の7割をも占める水は、体温調節や栄養の運搬など、私たちが生きていくうえで欠かせない役割を担っています。

この体内の水の巡りが滞ると、余分な水分もどんどん体内にため込まれていくことに。

足のむくみがひどい

体内の水の巡りが滞れば、栄養の運搬もうまくできなくなり、水分の溜め込みによって体全体の冷えを引き起こすことになります。

冷えが起これば、血流やリンパの流れも悪くなり、むくみを引き起こす原因に。
さらに、体内に滞った水によって、どんどん血管やリンパが圧迫されてしまうので、むくみも冷えもさらにひどくなっていくということになります。

水分は、不足しても摂りすぎてもむくみの原因になるということがわかります。

なかなか水分摂取量の目安がわかりにくいものですが、本来はのどが渇いたと感じる前に水を飲む、というのがおすすめ。
そして、かならず冷たい水ではなく、常温もしくは白湯などを飲むようにしましょう。

水滞予防には筋肉が必要

冷えとむくみの両面からデメリットをもたらす水滞。
予防するには、適度な筋肉をつけることも重要です。

適度な筋肉がついていれば、筋肉がポンプの役割を担って余分な体内の水分を押し出してくれます。

筋肉量に自身のない場合には、半身浴などでじんわりと汗をかくことも効果的ですが、ストレッチ程度の軽い運動は習慣づけておくべきです。

適度な運動は冷えの改善にもつながるので、まさに一石二鳥。

そのむくみ、塩分過多の可能性も

むくみ=水
とばかり考えてしまいがちですが、むくみの原因の第一は塩分過多であるというケースがとても多いことも知っておきましょう。

現代人は昔の人に比べ、平均的に塩分過多の傾向が強くなっています。

塩分、つまりナトリウムは、私たちの体内のカリウムとバランスを保つことが重要です。
つい味の濃いものばかり食べてしまう、外食が多い、などという場合には、なるべくカリウムを摂取できる食品、食事を選ぶように心がけましょう。

味の濃いものを食べる→水を大量に飲む

を繰り返していると、体内のナトリウムとカリウムのバランスは、シーソーのように安定しなくなってしまいます。
塩分を摂りすぎたと思ったら、まずカリウムを摂取して、余分な塩分排出をするようにしましょう。

むくみ原因と水の関係まとめ

むくみの原因と水は確かに深くかかわっています。
しかし、むくみを気にするあまり、水分を摂らなすぎるのも過剰に摂りすぎるのもよくないのです。

そして、水分とは「水」を飲むことも重要なポイントです。
純粋なミネラルウォーターを常温で飲みすぎてむくんでしまう場合には、もともと代謝が悪いということも考えられます。

普段からあまり水を飲まない人に多く見られるので、そういう場合には普段飲んでいる飲み物を見直すことも重要です。

むくみが起こったら、まずは自分の生活習慣を見直してみましょう。

・長時間同じ姿勢でいないか
・塩分過多になっていないか
・水分不足になっていないか
・過剰に水分を摂っていないか
・冷えは起こしていないか
・お酒の飲みすぎ

これらを踏まえて、自身のむくみの原因をもう一度見直してみましょう。

また、生活習慣においてむくみの原因に直結するものが考えられない場合には、病気が潜んでいる可能性もあることを覚えておきましょう。
長期的に継続するむくみは、必ず受診するようにしましょう。

むくみがひどく、足を押したら凹んだまま戻らない、という人などは特に注意しましょう。

むくみは、太って見られるだけでなく、顔のたるみや足のセルライトの原因になることも考えられています。
むくみは必ず、その日のうちに解消できるようにケアしていくようにしましょう。

お風呂

最後に、むくみの原因と水の関係をまとめると、

・水不足のほうが水の飲みすぎよりもむくみやすい

ということが言えます。

普段からむくみを頻繁に繰り返してしまう場合には、常温の水や白湯を積極的に飲んでみてはいかがでしょうか?
その場合、一日最大2リットルまでに抑えておくようにしましょう。