お酒の飲みすぎによる浮腫み(むくみ)の治し方

お酒で浮腫む

つい楽しくなってお酒を飲みすぎてしまうという人。
むくみに悩まされることも多いことでしょう。

足のむくみをとる方法

お酒を飲むとトイレが近くなるのに、どうして浮腫んでしまうのか。
この記事ではアルコールと浮腫みのメカニズムについてまとめていきます。

なぜお酒を飲むと浮腫むのか?

脱水症状によって浮腫む

お酒を飲んでいると、トイレの回数が増えますよね?
これは水分を沢山とっているから、というよりも尿の排出を司る「抗利尿ホルモン」がアルコールによって抑制されてしまうからです。

飲んだアルコールや水分が尿として多く排出されれば、当然体は脱水症状へと傾きます。

そして、体内の血管の中の水分も少なくなることで、体も自信が脱水症状であることを認識し、喉が渇きます。

お酒の飲みすぎ

血管の拡張も浮腫みの原因に

そして更にアルコールを飲んでしまうと、血管が広がり動脈の毛細血管の血管糖化性が上昇するので、沢山の血管内の水分が血管の外へと出てきてしまいます。

お酒を飲む→アルコールにより喉の渇きを感じる→さらにお酒や水分を摂る→血管の水分が排出され喉が渇く→

と浮腫みを生み出す悪循環になってしまうというわけです。
もちろん、アルコール分解にも水分は使用されるので、こまめな水分補給は重要ですが、ガブ飲みせずにちょこちょこ飲むことが大切です。

お酒を飲むと塩分過多にもなりやすい

お酒を飲んでいるときに欲しくなるのが味の濃いおつまみなど。
以下の記事でも紹介していますが、塩分過多は浮腫みの原因に直結しやすいもの。

お酒のアルコールによって浮腫みやすくなる上に、塩分まで過剰に摂取してしまえば、体内の水分排出は更に滞り、浮腫みを悪化させてしまいます。

お酒を飲んだ翌日浮腫まない方法

お酒を飲むと浮腫むことはわかっているけれど、お付き合いやストレス解消に飲むのが欠かせない!という方もいるでしょう。

お酒を飲んだ翌日も、浮腫まずにスッキリ過ごすためには、「お酒を飲む前」のちょっとした対策が効果的です。

お酒の前にお水を飲もう

乾いた喉にビールを流し込みたい!
そんな衝動にも駆られてしまうものですが、お酒を飲む前にはあらかじめ「お水」を飲んでおくのがおすすめです。

むくみをとる方法 飲み物

お酒を飲めばアルコールを分解するために、沢山の「水分」が使われます。
お酒と一緒に1杯お水を置いておき、交互に飲むという方法もありますが、しっかりとアルコールを分解するためには、お酒を飲み始める前にお水を飲んでおいた方が効果的です。

目安はコップ1杯程度。
冷たすぎないお水を飲んでおくのがおすすめです。

お酒は少しずつ飲もう

最近は居酒屋さんなどでも見かけなくなりましたが、盛り上がった席でのお酒の一気飲みにはご注意を。

一気にお酒を飲むと体内のアルコール濃度も急激に高まります。
そうなると、体の中ではそのアルコールを分解しようと、沢山の水分を使おうとします。

これも浮腫みの原因に。
お酒はスマートに少しずつ飲むのが理想的です。

もちろんお酒は飲みすぎない!

お酒を飲んでいくうちに、どんどんペースが上がってしまう、ということもありますよね。

お酒を過剰に飲むと、二日酔いになったり、もちろん浮腫んでしまう原因に。
アルコールを分解する力は、人によって違うものですが、一般的なお酒の適量は、ビールなら中瓶1本、日本酒なら1合、焼酎なら0.5合程度といわれています。

飲んだ後は睡眠をしっかりとる

ついつい遅い時間まで飲み続けてしまう、という場合もありますが、本来お酒を飲んだ後はいつも以上にしっかりと睡眠をとるようにしましょう。

睡眠不足になれば、体が本来持つ機能も低下しますので、さらに浮腫みやすくなります。

寝る前には体を温めた方が、代謝UPに効果的ですので、入浴して体を温めてから寝ることがおすすめですが、酔いすぎている場合にはやめておいたほうがいいでしょう。

入浴

もしも入浴する場合には、あらかじめコップ1杯程度の白湯や常温のお水を飲んでから入浴するようにしましょう。

湯船の温度も熱すぎない40度くらいにし、20分程度で上がる様にしましょう。
万が一、酔いによって眠くなるなどした場合には、早めに切り上げて就寝しましょう。

それでも飲んだ翌朝浮腫んでいたら

自分なりに水分をこまめに摂ったり、飲酒前にお水も飲んだのに、翌朝しっかり浮腫んでいる・・・

そんな時は、血行を良くし体のめぐりをスムーズにすることを心がけましょう。

1.朝風呂

朝時間があるのであれば、湯船をはってしっかりと浸かりましょう。
シャワーよりも体を芯から温めることができるので、浮腫み解消には効果的です。

そして足先だけでいいので、温かいお湯、冷たい水を交互にかけていきます。
こうすることで血管が収縮し、血行がよくなります。

塗れタオル

朝時間がなく、入浴まではしていられない、という場合には、レンチンした温タオルを浮腫んだ部位にあてるのも効果的です。

こちらも冷たいタオルと交互に使うことで、より浮腫み解消効果を発揮するので、飲んだ日には夜のうちに濡れタオルを冷蔵庫に入れておくのもおすすめです。

2.水分排出を促す成分の摂取

浮腫みの原因は、余分な水分。
この余分な水分を効果的に体の外へと排出するのが「カリウム」です。
カリウム摂取を意識して、体の中の余分な水分を外へと排出し、浮腫みを解消することができます。

カリウムを効果的に摂取できる飲み物については以下の記事をチェックしてみてください。

また、浮腫み解消に効果のある食べ物については以下の記事でまとめています。

お酒を飲む日の浮腫み予防に最適なサプリメント

飲み物や食べ物だけでカリウムを効果的に摂取するのはとても難しいものです。
おすすめなのは、浮腫みサプリメント。

浮腫みに効果的であるカリウムをメインに、体のめぐりをスムーズにする成分が凝縮されています。

浮腫みサプリメントは、いくつもありますが、もっとも体に優しく副作用の心配がなく、尚且つ効果を実感しやすいのは「するるのおめぐ実」です。

するるのおめぐ実
するるのおめぐ実

推奨量は1日2粒から4粒。
即効性が感じにくいサプリメントは多いですが、するるのおめぐ実は飲んだら利尿作用を感じる、という人が多数。
比較的、効果を実感しやすいサプリメントといえます。

お酒を飲み過ぎたら、コップ一杯のお水と一緒にするるのおめぐ実を飲んで置くと、翌朝の顔の浮腫みもスッキリします。

また、夕方になると足が浮腫んでしまう、という方にもおすすめ。
お酒好きな人に一度は試してほしいサプリメントです。

とはいえ、サプリがあるからと過剰にお酒を飲んでしまっては、意味がありません。
あくまで、適度な飲酒を心がけ、水分の摂取にも意識しながら使うようにしてください。

お酒による浮腫み(むくみ)の治し方 まとめ

お酒による浮腫みを軽減したい場合には、アルコールを少しでも早く分解することも大切です。

ドラッグストアなどで購入できるウコン、ヘパリーゼなどをあらかじめ準備しておくのもよいでしょう。

ウコンやヘパリーゼは、お酒を飲み終わってから飲むようにしてください。
最初に飲んでしまうとかえってお酒を飲みすぎてしまうということにもなりかねません。

そしてお酒を飲むときには肝臓に優しいおつまみを選ぶのもポイントになります。
タコやイカ、貝類などタウリン豊富なおつまみがおすすめ。

お酒を飲んでも浮腫まずすっきりとした朝を迎えるためには

・こまめな水分補給
・塩分過多に注意
・体をあたためてから寝る
・しっかりと睡眠をとる
・浮腫みサプリで水分排出サポート

を心がけましょう。

そして翌朝はいつもより少し早めに目覚めるようにしておきましょう。